育毛剤情報:もっともおすすなプロペシア販売情報

テレビ、新聞、インターネットでは多くの「発毛」や「育毛」をうたった商品の広告が氾濫している。

だが、多くの育毛剤には実際には効果がない。

育毛関係商品でもっとも有名なのは、吉本興業所属のお笑い芸人やジャニーズのアイドルグループのテレビCMでおなじみの「スカルプD」シャンプーだろう。1本4800円とシャンプーにしてはかなり高額だが、飛ぶように売れている。

ところが、ネットで調べてみると、スカルプDシャンプーで髪が生えてきたというブログはまったくと言っていいほど見あたらないのだ。

それもそのはず、スカルプDに含まれる「有効成分」である「ピロクトンオラミン」や「グリチルリチン酸二カリウム」は抗菌や抗炎症の目的で使われているに過ぎず、それ自体に発毛効果はない。

「頭皮がきれいなほうが育毛剤が浸透しやすい。余分な脂を落とすことで育毛に良い環境がつくれる」とメーカーは言うが、この説を否定する専門家もいる。

近年、男性の薄毛の主な原因は、基本的には男性ホルモンの影響が原因であって、頭皮の状態には左右されないという説が有力になってきている。

皮脂による湿疹で一時的に毛髪が抜けるケースもあるが、その割合は男性ホルモンの影響による薄毛と比べると少ない。

むしろ、「皮脂の落としすぎは頭皮に悪い」という意見もある。

皮脂を洗い流しすぎると、頭皮のバリアー機能が壊れ、かえって湿疹などの炎症を引き起こしてしまうことがあるからだ。

多くの頭皮ケアシャンプーは皮脂を落とすことに血道を上げているが、それによってかえって逆効果になってしまうとは笑えない話だ。

メーカーはシャンプーの後にコンディショナーも使うことを推奨しているが、結局のところ高い商品ばかり売りつけられるだけに終わる。

そもそも育毛シャンプーの「発毛成分」が届くとされる毛根は頭皮から何ミリも奥にあってシャンプーをしただけで届くはずがないのだ。

では、どうしたら髪は生えるのか?

日本皮膚科学会はこれに明確な答えを出している。

2010年に同会が発表した「男性型脱毛症診療ガイドライン」によると、薄毛治療に「強く勧められる」に分類されたのは、フィナステリド内服(商品名、プロペシア)とミノキシジル外用(同、リアップ)だけ。

それ以外に大量に販売されている育毛剤に含まれる成分は、ほとんどが「使ってもよい」程度だった。

医師からお墨付きを得たリアップとプロペシアのうち、薄毛治療に軍配が上がるのはプロペシアである。

外用のリアップだと、液体を頭皮に塗る際に皮脂と絡まり、どうしても髪がペタっとしてしまう。

一方で内服薬のプロペシアは、1日1錠、コップと水があればいつでもどこでも服用でき、手間もかからない。

また、プロペシアは多くの人で服用してから半年から1年ほどで効果が表れるが、いったん髪が生えてしまえば、服用を1日おきにしたり、1週間程度飲むのをサボってもごっそり髪が抜け落ちるという心配もない。

薄毛治療で断然、おすすめなのがプロペシアなのだ。

プロペシアは医師から処方を受けるより海外通販で購入するとお得です。

海外通販での医薬品のご購入は、1997年設立で、外部機関による成分検査を定期的に実施しているアイドラッグストアーをおすすめします。

フィナステリド、プロペシアについてもっと深く知りたい方はこちらもご覧下さい。